手汗 ツボ

手汗を止めるにはツボ押しが効果的!

手汗のツボ

どんな人でも暑いときには手汗をかくし、まったくかかないよりはかいたほうが代謝が良いということになるとは思うのですが、それでも人一倍汗っかきな私は、汗なんてかかないほうが良いなんて思ってしまいます。
この汗っかき体質には学生時代から悩んでいて、当時は着ていた制服のブラウスのワキがぐっしょりと濡れて、それを友人に指摘され恥ずかしい思いをしたことも数多くありました。でも当時はこまめに手汗を拭くといった対策くらいしかできず、根本的な改善はとてもじゃないけどできませんでした。
そうして大人になった今でもやはり汗っかき体質はそのまま変わらず、悩んでいます。
ただ若い頃よりは多少お金をかけることができるようになったので、汗対策のためのデオドラント製品やその他グッズを使って何とか他人に不快感を与えないようにと気をつけています。
あと汗といったらそのニオイも気になるものです。なので汗だけでなくそのニオイ対策にも気を使っていきたいです。

 

汗っかきの体質のため新陳代謝が活発でまだまだ健康だと自負していますが、不自由なこともあります。わたしは脇からよく汗が出るので白い服を着ることができません。

 

ツボを押すとどうして汗が止まるのか?

白い服は手汗をかいた部分が透けますし、そのまま時間をおいてしまうと手汗をかいた部分だけキレイに汗染みになります。ブランドの素敵なブラウスを着ている時など脇汗のことが気になってしまってドキドキです。

 

なので白いブラウスを着る時はその下に半袖の下着を着たり、半袖のTシャツを着たりしています。それでもその衣類を汗が通り過ぎて、汚してはいけない白いブラウスを汗で濡らしてしまうことがあります。

 

緊張がピークになるとこれはもう止められません。汗が次から次へと流れ出てくる感じです。だからあまり汗染みが気にならない衣類ばかり選んできているのでおしゃれを楽しめません。せっかく女性として生まれたのだからおしゃれを楽しみたいといつも思うのですが、結局いつも同じような服を着るしかないのです。

 

 

継続は力なり

わたしは最近寝手汗をたくさんかくのでそれで悩んでいます。寝汗なんて風邪をひいて体調が悪い時とか、熱があって身体が弱っている時だけだと思っていたのですが、ここ最近朝起きるとパジャマが汗で湿っていることが増えて不安に感じています。

 

寝汗がどうして出るようになったのか・・・それに寝汗の量もとても気になっています。寝汗もほんの気持ち程度だったら当たり前のことなので気になりません。

 

どうしても汗がひどい場合は制汗剤との併用もおすすめ

デオドラント

朝起きた時にパジャマがしっとりしていないなら睡眠中の手汗は当たり前だと分かっています。でも、睡眠中にパジャマが濡れてそれが気持ち悪くて目が覚めてしまうことが度々あると、「これは何とかしなくてはいけない・・・」と焦りが出ます。

 

パジャマが冷たく感じるほどというのは健康な状態ではなくどこかに何かあるということなので、体調の変化などに気を付けるようになりました。年齢のせいもあると思って仕方がないという気持ちもありますが、でも寝手汗は気持ちが悪いものです。